はらもじゃぱん

Hot Room Media to the peple -From Nonsense To Valuable- 人々にホットルームメディアを-無意味なことから意味のあることへ-

【速報】iPhone6PlusでiSightカメラ交換プログラムが開始!

time 2015/08/24

iPhone6Plusでカメラのリコールが出ました!

20150824112038

<出典:iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム – Apple サポート

はろー!じぇにふぁーです。

 

今日はiPhone6Plusを愛用しているユーザーに速報です!

リコールが出ました!使っている方は要チェック!

 

なんと今回、「iPhone6PlusのiSightカメラ交換プログラム」が実施されることとなった模様です!

 

 

【iSightカメラ交換プログラムの概要】

『iSightカメラ』とは、背面にあるカメラのことです。

 このiPhoneのカメラがリコールとなったため、無償交換となりました。

無償交換の対象になる機種ですが、

・2014年9月から2015年1月の間に販売されたもので、
・「iSightカメラで撮影した写真がぼやける」という症状が見られるもの。

 

以上の2点が該当しているiPhone6Plusが、今回の交換プログラムの対象となります。

2014年9月ということは、販売直後のもの、つまり初期ロットということです。

 

「iPhone6Plusを販売開始してからすぐに買った!」という方で、写真を撮る時にぼやけている気がしたら、まずは下記のページからシリアル番号を入力して対象の機種になるか確認をしてみてください。

※シリアル番号の確認方法については、次章で解説します。

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム – Apple サポート

 

この「カメラで撮影した写真がぼやける」という症状ですが、「カメラプレビュー(カメラを起動したときの撮影画面)のピントが合わない」という症状も同じくプログラムの対象となりえます。

 

以下、Appleのサイトからの引用。

ごく一部の iPhone 6 Plus で、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明しました。影響が確認されているのは、主に 2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6 Plus です。 お使いの iPhone 6 Plus で撮影した写真がぼやけて見え、同機のシリアル番号が本プログラムの適用範囲内にある場合は、その iPhone 6 Plus の iSight カメラを無償で交換させていただきます。 iSight カメラは iPhone 6 Plus の背面にあります。 <iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム – Apple サポート

気をつけて頂きたいのは、

その他 交換サービスは製品をお買い上げいただいた国でしか受けられない場合があります。 この全世界共通のプログラムは iPhone 6 Plus の通常の保証期間を延長するものではありません。 このプログラムは、iPhone 本体の最初の小売販売日から 3 年間、対象となる iPhone 6 Plus iSight カメラに適用されます。

とあるように、最初の販売日から3年間しか適用になりません。気をつけてください。

 

 

【シリアル番号の確認の仕方について】

この章はシリアル番号の確認の仕方についてです。

わからない方は読んでみてください。

iPhoneで『設定』→『一般』→『情報』と進むと『シリアル番号』という行があります。

 

①まず、「設定」を開きます。 

20150824111214

②「一般」を開きます

20150824111300

③「情報」を開きます。

20150824111453

シリアル番号が確認出来ます。

20150824111554

シリアル番号が必要な際は、この方法で確認をしてみてください。

 

 

【修理の流れ】

この交換プログラムの修理は、Apple正規サービスプロバイダまたはApple Storeに直接持ち込むか、コールセンターまたは公式HPからAppleテクニカルサポートに連絡して郵送での修理を依頼するか、どちらかになります。

 

・Apple正規サービスプロバイダまたはApple Storeの場合

持ち込み修理のみ対応が可能です。
正規サービスプロバイダは予約不可で当日受付であることが多いので、受付から修理カウンターに案内されるまでの待ち時間がディズニーランドのアトラクション並みに長いのがデメリットです。
Apple Storeは当日の持ち込み修理もできますが、予約ができるので待ち時間はそこまでかかりません。

が、なんせ混むのでかなり早い時期から予約しなければいけません。

しかし、基本的にはカメラの部品を交換するのみなので、初期化はされません。

「バックアップデータを戻すのが面倒だ」、という方はこちらがオススメ。

 

・公式HPまたはAppleテクニカルサポートの場合

Appleコールセンターに電話連絡か、あるいは公式HPのサポートページから修理依頼をすると、後日自宅まで専門業者が問題のあるiPhoneをとりにきてくれます。
待ち時間はもちろん発生しないので、家から一歩もでなくても修理ができます。

デメリットとしては、本体に破損(水没やガラス割れ、本体が変形するほどの傷)があると有償修理になるので、あらかじめクレジット決済の手続きを要求されることです。

クレジットカードを持っていない方・ちょっと抵抗がある方は持ち込み修理がオススメです。

コールセンターはこちら。

japan
日本
国内からかける場合:
0120-27753-5
Apple home page

 

毎度のことですが、修理に出す前にはバックアップを必ずとってくださいね!

バックアップの取り方の記事はこちら。

【iPhoneあるあるトラブルシリーズ】iPhoneの電源が入らないときの3つの対処法!

 

 

以上、じぇにふぁーでした!交換はお早めに!

 

—————————————————————–

この記事が面白ければ、はてブボタンをポチットお願い致します! 当メディアでは、Twitter、Facebookにて、更新情報を発信中です。 現在ファンになってくれる方を絶賛募集中です。

Web

はらもじゃぱん(hrm Japan) (@hrm_japan) | Twitter

はらもじゃぱん – hrm | Facebook