はらもじゃぱん

Hot Room Media to the peple -From Nonsense To Valuable- 人々にホットルームメディアを-無意味なことから意味のあることへ-

【北陸新幹線開業記念金沢レビュー】ルビーロマンのワイン「ルビーの輝き」って知ってる?

time 2015/04/08

みなさんまたお会いしましたね。編集長のまいけるです。

 

『ルビーロマン』ってご存知ですか?

ルビーは浪漫だ!ということではありません。たしかに浪漫にあふれた宝石ではありますが、ルビーロマンは宝石ではありません。
 
『ルビーロマン』とは、石川県が開発した超高級ぶどうのことなのです!
その実物をご覧ください。それがこちら。
20150408011139
近江町北形青果より>
とっても赤いですねえ! この写真だと、大きさがよく分からないと思いますが、いい写真が石川県のホームページにございました。
 20150408011240
石川県ホームページより
でかい! 
左からルビーロマン、巨峰、デラウェアですね。 大きさでいいますと、約ゴルフボール大の大きさでございます。
 
北陸新幹線の開通で、何かと話題の石川県ですが、今回はまず、その『ルビーロマン』についてご紹介していきます。
 

ルビーロマンリリースまでの道のり

このルビーロマンですが、石川県が戦略的にブランド化を目指して、戦略作物としてぶどうを長年かけて品種改良を加えていったものだそうです。
まず、黒色系大粒品種である、ぶどう「藤稔」(ふじみのり)という品種がございます。
20150408014203
藤稔 – Wikipedia
栽培のしやすさに優れる「井川682」と、旨味と甘味の強い「ピオーネ」を合わせて作られたのが、この藤稔です。最近では巨峰よりも人気が高く、日本全国で栽培されているようです。 ルビーロマンは、まずこの藤稔に赤色系統のぶどうを交配させることからスタートしました。
その交雑方法は二つ。自然に交配させる方法と、人工的に交配させる方法です。
中でも、自然交配させて出来たものを、一番最初に蒔いた種の数はなんと400粒。しかしなかなかうまく栽培することが出来ずにいました。
しかし、その4年後、あらゆる条件を変えて選抜、実験を繰り返した中で、自然に交配させた種から育った4本の木に、ついに赤く大きな実がなります!
 
さらにこの4本の木から、一番粒の大きなものを選抜し、これが「ブドウ石川1号」と名付けられ、この一本に様々な試験調査を行い、ついに品種登録の申請に行き着きました。
 
その後、品種登録に先立ち、公募により「ブドウ石川1号」は、『ルビーロマン』と名付けられたのであります。
 
その後は、正式に石川県の戦略作物に選定され、第三者に苗を譲渡させない誓約書を交わすことで、苗木の流出を防ぐなどを行い、ブランド化を推し進めていきました。
 
まんをじして、2008年に金沢市場にリリース!初せりでは、なんと最高値一房10万円がつきました!
 
2009年の初せりでは、一房20万円
2011年の初せりでは、一房なんと50万円というとんでもない価格がついています。
 
現在は、一般家庭向けに流通量を増やすべく、さらなる拡販と生産量増加が推し進められています。
 
 

ルビーロマンの規格

ルビーロマンの規格は厳密に定められており、基本基準がまず定められています。
 
①粒重:概ね20g以上(粒経が31㎜以上)
②糖度:18度以上
③着色:ルビーロマンのカラーチャートの基準に合うもの
 
糖度っていうのは、高ければ甘いというものでもないらしいのですが、18度以上で言いますと、ものすごーーーく甘いメロンとかはそのくらいの糖度らしいですね!
粒経とありますが、完全な球体ではないぶどうなので、完全な球体と仮定した際の直径のことを、粒経というらしいです。よくわかりませんが、⒊1㎝以上って、なにげにデカイですよね!
 
この3つの基準から、さらにグレードが5段階に分けられます!
 

1.秀  基本基準を満たすもの

   20150408020624

 

2.秀G  秀の基本を満たし、粒が概ね30g以上のもの。

  20150408020653

3.特秀  着色が均一、粒揃い・食味が良好で秀より優れているもの。

  20150408020754

4.特秀G  特秀の基準を満たし、粒が概ね30g以上のもの。

  20150408020802

5.プレミアム  品質外観ともに特秀より優れているもの。粒の重量が全て30g以上で、一房700g以上のもの。

  20150408020815

 
この規格に適合したもののみが、『ルビーロマン』を名乗ることを許されるのです。
 
いかがでしょうか?食べてみたくなりますよね?
 
実は、僕は一度だけ食べたことがあります。貴重さを当時理解できていなかったので、味をよく覚えてないのですが、とにかく粒がでかいということと、とっても綺麗な赤色だったこと、そして恐ろしく甘くて美味いブドウだったといことを記憶しています。
その何年後かに、産みの親である「藤稔」を食べたんですが、十分すぎるほどの粒のでかさと、甘さでした。それよりも大きくて甘くて赤いぶどうがルビーロマンってわけですねぇ。
 
一度県外から来た方、県内でも食べたことない方は、食べて頂きたい逸品です。
 
 
さて、皆さん。ここまでルビーロマンのご紹介をして参りました。
 
でも、こんなことを考えたりしませんか?
 
このぶどうでワインを作ってしまったら、どんな味になるんだろう?
 
いやいや、ちょっと待って!一房5万以上はする代物ですよ!
それを絞ってぐちゃぐちゃにして、発酵させて、ワインにするって!?そんなとんでもないことできないだろういくらなんでも・・・
 
ていうか、何房必要なんだよ。
 
絞り汁でしょ?とんでもない量が必要なのでは・・・大体糖度も高すぎるし、ワインには不向きなんじゃ・・・
 
と誰もが想像しそうなぶどうなんですが、記事タイトルでネタバレしてます通り、ある青果店がそんな無謀なことに挑戦し、ワインを作ってしまったようです。
そう。ルビーロマンで作ったワインを!
 
 

ルビーロマンで作ったワインだと!?

いやぁ、最初聞いたときはびっくりしました。どうやって採算取るんだろうとか、ワインにすること自体困難だろうとか。でも、不屈の努力で作り上げてしまったのであります。
 
地元の青果店、サカイダフルーツさんの企画で、能登ワインさんと共同開発して作り上げたルビーロマンのワイン。
 
名付けて、『ルビーの輝き』
 
サカイダフルーツさんのサイトはこちら。
株式会社サカイダフルーツ | 城下町金沢の野菜・果物店 と、こちら能登ワインさんのサイトです。
スクリーンショット 2016-02-21 11.59.22
www.notowine.com
 
二つともまさに地元の会社ですよ!そんな大きな会社ではありません! でも、県民の夢を乗せたルビーロマン。北陸新幹線の開業に合わせ、もっと石川県を盛り上げていきたい!その熱き地元愛から、構想1年半、失敗を重ねて重ねてついに完成したのです!北陸新幹線の開業にも間に合い、2015年の2月14日についに販売となりました!実に素晴らしい!!!
 
その数、限定2500本!
 
値段が気になった方は、是非こちらでチェックしてみてください。とにかくすごいワインだと思います。
http://www.maruka-ishikawa.co.jp/information/rubyroman_wine.htm
 
 
で、ここからが今回の本題!
 
 
実は、実家に届いたんですよ。その1本。
 
 
ま、マジか!!??
 
 
はい。それでは、その2500本のうちの1本が実家に届いたとのことなので、今回は開封レビューをさせて頂きたいと思います!
 
 
 
はい!その箱がこちらです!
20150407231853
 
木箱に販売年の記載がありますね!美しい箱です。木箱に入ったワインを見たのは、これが初めてかもしれません。
 
 
それでは、開封しましょう!
 
20150407232158
 
中からオレンジの布に包まれたものが登場しました。
慎重に慎重に取り出しましょう。なんせ高級品ですからね!
 
 
それで、取り出したものが、こちらです!
 
 
どん!
20150407232423
 
おー、美しい!このNO.1954というのが、2500本分のシリアルナンバーとなっております。
 
 
横からも見てみましょう!
20150408034523
わかりますか?
このルビーロマンの赤色をイメージした入れ物、実は、石川県の伝統工芸品、九谷焼で出来ているのです!
 
通常のワインはガラス製のものですが、これは焼き物です。九谷焼にワインを詰めて、コルクで栓をするといのは、前例がないため、大変苦労されたそうです!
強度の試験や、コルクが浮かないための工夫などを施したようです。
 
そして、この色。よくご覧ください。
20150408025022
 
赤い九谷焼きというのは、あまり例がないそうで、何度も九谷焼きの職人さんと試行錯誤してこの発色を出したそうです。そして、表面に銀箔を貼って仕上げています。深みのある不思議な色です。実に美しい。
少し光の当て方を変えて撮ってみました。
20150408025413
 
美しいなぁ!
こんなに赤いのに、焼き物ですからね!素晴らしいですね!
 

まとめ

20150408025701
余りにも美しかったため、色んな角度から写真撮ってしましましたが、 残念ながら今回はここまで! 開けるのは、まだ先の話です。
お祝いのときに開けるまで取っておくそうです。
なんせ、特別なワインですからね!どんな味なんだろう・・・楽しみですね!
限定2500本なので、いつまで売っているかわかりませんが、興味のある方は是非サカイダフルーツさんまでお問い合わせください。 20150408030120
■本 店
920-0855 石川県金沢市武蔵町15-1 めいてつエムザB1F
TEL(076)260-2404 FAX(076)260-2108
駐車場200台  名鉄スカイパーキング、めいてつ・エムザ地下駐車場他提携駐車場あり
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休 URL:http://sakaidafruits.com/ 株式会社サカイダフルーツ | 城下町金沢の野菜・果物店
 
地元愛が伝わって来るこの商品。本当に苦労されたんだなぁというのが伝わるものでした。ルビーロマンを作り上げた県民の努力と、これをワイン化に成功したサカイダフルーツさんと能登ワインさん。
敬意を表して、県民として宣伝させて頂きやす!
 
「ルビーロマン」と「ルビーの輝き」 もしよろしければ、おみやげにいかがでしょうか。
 
以上、絶賛金沢民のまいけるでした。味のレポはまた次回!

————————————————-

この記事が面白ければ、はてブボタンをポチットお願い致します!

当メディアでは、Twitter、Facebookにて、更新情報を発信中です。 現在ファンになってくれる方を絶賛募集中です。 Web

はらもじゃぱん(hrm Japan) (@hrm_japan) | Twitter

はらもじゃぱん – hrm | Facebook