はらもじゃぱん

Hot Room Media to the peple -From Nonsense To Valuable- 人々にホットルームメディアを-無意味なことから意味のあることへ-

もう食べた?ミスタードーナツ「ブルックリンニューヨーク」食べてみた。

time 2015/05/07

20150507222419

<出典:ミスタードーナツホームページ>

またお会いしましたね。編集長のまいけるです。

 

1.ミスドの新商品との思い出

実は、僕は学生時代ミスドのクルーでした。短い期間でしたが。

クルーの特権の一つ、かどうかはわかりませんが、新商品を一番最初に食べられるのが嬉しかったですね。で、クルーやっててわかったのは、

ミスドの新商品ってのは、どうもダメなやつが多い。

一番記憶の中でひどいのは、モスバーガーとのコラボ商品でした。 去年の話ですが、今や第三弾まで出ているようですね。 www.excite.co.jp

第三弾は食べたわけではありませんが、非常に美味しそうですね。 しかし、第一弾は本当にひどかった。 見た目だけで遊びまくって、味のこと全く考えてないだろうってやつでしたね。

ほかの新商品に関しても、生地の配合を変えて、あとはフレーバーの組み合わせだけでやっつけてる感がするわけです。 『クッキークルーラー』とかやってましたが、今存在しないことを考えてみても、あまり売れなかったんでしょうね。

クルーやってりゃ、新商品が全く売れないなってのがよくわかりました。 しかし、そんな新商品が弱いミスドも5、6年前の昔の話。

最近のミスドの新商品は明らかに素晴らしい商品を出しています。

ちゃんと開発している。ちゃんと味を考えている、フレーバーも新しくしている。新しい食べ方の提案も出来ている。

で、事実、良く売れてそう。(想像)

 

2.衝撃のネーミングセンス

ということで、久々にミスドの新商品をチェックしようと思って行ってきたら、びっくりしました。 何だよ?ブルックリンニューヨークて? 新商品のネーミングっていつから地名になったんでしょうか? しかもなんかおしゃれやないか。 で、サイトで調べてみました。「ブルックリンってなんだろう」って? 以下、サイトです。

20150507224227

<出典:ミスタードーナツホームページ>

うーん。全く意味不明だ。 読み進めてみましょうね。

20150507224453

<出典:ミスタードーナツホームページ>

ふむ。

「自由な発想」がなぜハイブリッドなのかよくわかりません。

読み進めましょう。

20150507224634

<出典:ミスタードーナツホームページ>

ふむ。

唐突な「ブルックリン」と「トレンド」と「ヴィンテージのリメイクを揃える雑貨セレクトショップ」

どういうことなのか。 どんどん読み進めましょう。

20150507225015

20150507225132

20150507225035

<出典:ミスタードーナツホームページ>

出ました。 なぜかの「メリーゴーランドあるよ宣言」。 これってドーナツとなんの関係があるのか? 読み進めましょうね。

20150507225333 20150507225350 20150507225404

<出典:ミスタードーナツホームページ>

はい。ようやく出ましたね。

『ブルックリン メリーゴーランド』っていうのかよ。

一つわかったことがあります。

ミスタードーナツさん、スタバっぽいやつ狙ってませんか?

どうも最近のカフェとかは雰囲気重視で、とにかく長いネーミングの商品が多いですね。

「季節の野菜と太陽の恵みのつまったアーリオオーリオを土の恵みのラタトゥイユをそよ風に乗せて」 とか訳わかんないよね。

雰囲気を感じろということなのか。 ブルックリンの雰囲気を感じろということなのですか? ブルックリンのウィキペディアのリンクを貼っておくので、気になった方はぜひ参照してみてください。

ブルックリン区 – Wikipedia

 

つまり、時代は味そのものではなく、その背景にある雰囲気でいかにプラスアルファを演じられるかが、マーケティングのポイントになっているということなのでしょうか?

美味いものは味ではなく、雰囲気だと。

そんなことが許されるのか?

ということで、そんな女子力をくすぐりそうな雰囲気重視の食べ物を、真っ向から切るべく、

女子力とは無縁の男臭いこのわたくし、編集長まいけるが実食レポします。

20150507230747

<出典:編集長まいける>

 

3.実食

ルールは簡単です。 雰囲気を無視した器に乗せて、そいつを食し、味をレポする。 こうすれば、雰囲気に惑わされることなく、本物の味のみをレポできるって算段だ! では張り切っていきましょう!

見てくれ!この和風の素敵な皿を!

雰囲気なんかカチ無視だぜ!はっはっはっはー!

20150507232329

メープルシロップがついてるみたいですね。 白ボケした接写映像をご覧ください。たしかにクッキー生地ですね。

20150507232459

シロップ開けるの失敗しました。大概こうなるよね。

20150507232547

かけます。

20150507232755

かけます。クッキー生地とシロップ相性悪いね。かなり弾いてしまって絡みません。

20150507232656

けっこう入ってるなこれ。

20150507232907

なんかお店ではナイフとフォークで食わすらしいです。よく知らないけど、それに倣いましょうね。

20150507232837

シロップをたっぷりぷりぷりつけて、頂きます。

20150507233101

うん。おいちい♡

ぜひ、皆さんも食べてみてくださいね!

 

4.まとめ

さすがにだめだろうと思って、終わるのを踏みとどまりました。

かなりおいしいですね。クッキー生地に中はモチッとした生地です。かなりいい生地使ってます。

それもそのはず。

価格 172円(税込)

東京と神奈川ではなんと、

価格 194円(税込)

うーん、たけぇなぁ。 ミスドがスタバ路線を狙っていることは明らかとなりました。 でも、美味いのでまぁいいでしょう。 シロップは卑怯だと思いますが、ミスド新商品へのイメージが変わる商品でした。 以上。

——————————————————–

ここまで読んでくれたあなたはきっと優しい人。是非フォローを。