はらもじゃぱん

Hot Room Media to the peple -From Nonsense To Valuable- 人々にホットルームメディアを-無意味なことから意味のあることへ-

【やよい軒新作レビュー】『冷汁ととり南蛮の定食』食べてみた!冷や汁と猫まんまの違いとは?

time 2015/06/20

20150620224008

出典:やよい軒ホームページ

またお会いしましたね。編集長のまいけるです。

1.冷や汁ってご存知ですか?

皆さんは宮崎県の郷土料理、『冷や汁』をご存じでしょうか。

簡単に言うと、飯に味噌を使った汁をかける簡単で手っ取り早い味噌料理。元々は忙しい農民が農作業の合間にさっと食べる「農民食」、兵士が合戦前にさっと食べる「陣中食」として食べられていたそうです。

古くは鎌倉時代にまでさかのぼり、『鎌倉管領家記録』に「冷や汁」の記述が見られます。

武家にては飯に汁かけ参らせ候、 僧侶にては冷汁をかけ参らせ候
—鎌倉管領家記録(参考:Wikipedia)

それが、全国的に広まり、その地域の気候風土に合わせた食べ物に変化していきました。鎌倉時代からあるということなので、恐らく日本最古のファストフードと言えるかもしれません。

現在では、宮崎県を初めとして、埼玉県を中心とした関東圏、新潟を中心とした信越、また九州北部から南部にかけた全域などで、郷土料理として残っているようです。ファストフードとして登場した冷や汁も、最近は様々な工夫が凝らされ、手のかかる料理になったようです。健康ブームもあって、夏バテ対策の健康食品として注目され始めています。

ちなみに金沢市民である僕は少なくとも食べたことはありませんし、聞いたこともありませんでした。

で、簡単な作り方がWikipediaに乗っていたので、抜粋してご紹介します。

作り方
1.すり鉢にいりこもしくは焼いてほぐした鯵などの魚と、炒った胡麻と麦みそを入れ、すりこぎでする。
2.よく混ざったらすり鉢の内側に薄く伸ばし、直火で軽く焦げ目が付くまで香ばしく焼く。
3.すりこぎですり混ぜながら、冷たくした出汁を注ぎ入れてのばす。仕上げに手でほぐした豆腐、輪切りの胡瓜、千切りの紫蘇、茗荷などを混ぜて良く冷やす。
4.冷えた汁を温かい飯・麦飯にかけて食べる。

ふむ。つまり、ものすごくざっくり言うと、

「具材入りの味噌を冷えた汁で割って、温かいご飯にかける」ということですね。

うーむ。

僕はあまり知らないので、あえて問うてみたい。

「ねこまんま」と「冷や汁」、何が違うんですかね。

飯に味噌汁をかけるという意味では一緒のような気がするが・・・

そんな冷や汁の正体を掴みかねていると、あのスーパーな定食屋『やよい軒』より6月9日から期間限定の新作メニューが登場したようです。

それがこちら。

『冷汁ととり南蛮の定食』

20150620231228

<出典:冷汁ととり南蛮の定食 | メニュー | やよい軒

冷汁は、味噌仕立ての冷たい汁に焼いたアジとごはんを混ぜ入れて食べる、暑い夏においしい宮崎の郷土料理です。とり南蛮とのセットも嬉しい、やよい軒 夏だけの限定メニューです。
※定食のご飯はお替り自由です。

※商品は税込み価格です。(引用:やよい軒ホームページより)

これは素晴らしい。早速食べに行ってきました。果たして、ねこまんまとどう違うのか!?調べていきましょう!!

2.やよい軒で注文してみた。

さて、やよい軒につきました。

最近のやよい軒のタッチパネルの券売機は、マジで見やすくて好きです。

期間限定でおまぜ定食も出ているようです。気になった方はぜひ。↓

『おまぜ定食』 6月16日(火)期間限定新発売! | 新着情報 | やよい軒

20150620231753

価格は890円(税込)ですね!なかなかいい値段ではありますが、そんなもんでしょう!買いましょう!

で、来たのがこちら!!めっちゃ豪華やん!!

20150620232110

魚も肉も野菜も汁もおりますね!!

とり南蛮が地味に嬉しいですね。一品料理の「肉!」「魚!」だけで押すわけではなく、メインの料理に合わせてサイドメニューにメインとは違う料理を配置する。肉も魚も野菜も食べられる。このへんが最近のやよい軒は神がかってると思います。

で、これがその『冷や汁』ってわけですね。確認できたのは、ゴマきゅうり豆腐です。が浮いてまして、かなり冷たくなってます。

20150620232441

こちらはとり南蛮。イイね。

20150620232600

こちらはアジの開きです。アジの一夜干しのことね!

20150620232701

そして、こんな説明書きがついていました。

20150620232849

①まずは「とり南蛮」でごはんをお召し上がりください。

②お食事のしめに、「冷汁」に、ごはんとアジを入れてお召し上がりください。

3.食べましょ食べましょ。

じゃあ、いただきまーす。

20150620233947

まぁ、とりあえず、冷や汁をプレーンな状態で頂いてみましょ。

20150620233807

んぁ!?

20150620234202

何だこりゃ??味噌汁かと思いきや、全然味噌汁じゃないぞ。

つーんとこうじの香りがきつめっていうのかな?これだけだとかなり癖のある風味で、食べにくいです。そっか!冷汁は、所謂普通の味噌汁じゃなかったんですね。

とり南蛮は、いつものやよい軒のとり南蛮のハーフサイズって感じで、美味しいです。アジもちゃんとした干したアジで、美味しい。

はい。とり南蛮を美味しく頂きました。ご飯もなくなりました。

さて、冷や汁を作っていきましょう!

20150620235056

とりあえず・・・

ご飯、おかわる。

20150620235028

4.冷や汁を作りましょう。

①まずアジをほぐします。

20150620235358

②ご飯を味噌汁に投入!せい!

20150620235532

③ほぐしたアジを投入しましょう。

20150621001858

こんな感じです。これはなんだかすごいことになってきた。

20150621001956

ほい!冷や汁の完成です!!

20150621002057

さて、ここまで色々とご紹介してきましたが、食べる前に断っておきます。。。

私、まいけるは、猫まんま、大嫌いです!!

何でかって、なんか嫌なんですよ・・・ ぐちゃっとしてるし・・・みっともないと思ってしまうし・・・、そんなに美味しいとも思わないです。。味噌汁にご飯投入する当たりがなんかもう抵抗感があります。。

しかし、何故かわからんが、、、この冷や汁、かなり旨そうだな。

旨いのか、食べてみるしかないのでしょう。頂きます。

20150621002240

いざっ! さくっ!

20150621002815

・・・・

20150621002911

!?

20150621003009

ほいひぃー。

f:id:ikeiichi:20150621003201j:plain

まとめ

20150621003345

はい!

『冷や汁ととり南蛮の定食』を食べてまいりました。

結論としましては、かなり旨い。

1.味噌に癖があることで、逆にアジのほぐし身との相性が抜群に良くなっている。

2.冷えていることで、味噌とアジの旨味がストレートに伝わる。何より食べ易い。

3.きゅうりと豆腐が食感のアクセントを演出し、爽やかさを与えている。

4.ゴマが地味にいい仕事をしていて、風味が際立っている。

これらを総括すると、特筆すべきはそのバランス。

食材同士がお互いを邪魔することなく、風味を活かしがらそれぞれが際立っています。このバランスが冷や汁の難しいところなのかもしれませんが、さすがやよい軒さんは上手に作るなぁ。

いつもの変哲のない味噌汁をそのままご飯にかける猫まんまと、食材の組み合わせ等バランスを考慮した冷や汁は全くの別物なのかもしれませんね。

なんで金沢市であまり見ないのか考えてみたのですが、恐らく味噌の違いかと思います。

金沢の味噌と言えば、『雪ちゃん日本海みそ』に代表される、大豆を発酵させて作る、「米こうじ味噌」(米みそ)が主流です。

日本海みそ 特撰つぶみそ500gピローパック(袋)

日本海みそ 特撰つぶみそ500gピローパック(袋)

対して、九州の主流の味噌は大豆を発酵させて作る「麦みそ」です。

チョーコー 無添加 長崎麦みそ 500g カップ

チョーコー 無添加 長崎麦みそ 500g カップ

この味噌の違いが、米にかける、かけないを決定づけているのかもしれませんね。やよい軒の冷や汁が麦みそを使っているのかまではわかりませんが。経験的には、米こうじ味噌と、ご飯はあんまり合わないような気がします。

今度食べ比べしてみようかなぁ。

猫まんまと冷や汁の違いが分かる方は、コメントください!

以上、やよい軒の新作レビューをお届けしました。美味しいので、気になった方はぜひ!

—————————————————————————–

この記事が面白ければ、はてブボタンをポチットお願い致します!

当メディアでは、Twitter、Facebookにて、更新情報を発信中です。

現在ファンになってくれる方を絶賛募集中です。

Web

はらもじゃぱん(hrm Japan) (@hrm_japan) | Twitter

はらもじゃぱん – hrm | Facebook

やよい軒でのおすすめ&面白い食べ方はこちら。

www.hrm-japan.net

最近のおすすめはこちら!!

はらもじゃぱんではシリーズ企画を連載中です!!

気になった方は読んでみてください!

はらもの本日のまかない&晩ご飯←check‼

はらもじゃぱんのアクター、絶賛居酒屋店員『はらもとまさし』による、「まかない製作」と、「晩ご飯チョイス」をご紹介するシリーズ。はらもとまさしの生態を是非ご確認ください。週2、3回のリリース予定!

最近のまかないはこちら。

イトウの今週の目黒・五反田どうでしょう←check‼

周辺にしか出歩かない新人類、「インドア系アウトドア」はらもじゃぱん代表兼ライター『イトウ』がお送りする、目黒五反田シリーズ。正直にレビューすることが信条のグルメレポ記です。ただ食うだけでは面白くないってことで、面白くなってます。完全不定期連載中!

おすすめの目黒五反田はこちら。

めしばな編集長まいける 金沢編←check‼ 

メシの話が大好きなはらもじゃぱん編集長『まいける』による、金沢のめしばなをお送りします。生粋の金沢市民である編集長まいけるが、愛情たっぷりにめしばなを語り尽くします。2週間に1回のリリース予定です。

最近の金沢のめしばなはこちら。

書いたのはこんな人。

編集のカオス・ソルジャー くものまいける

他の素敵な仲間達。

言葉のブラック・マジシャン、イトウケイイチ

ギャンブルのエクゾディア はらもとまさし

はらもじゃぱんとは?

はらもじゃぱんの説明書 – はらもじゃぱん

はらもじゃぱんの記者別記事はこちらからお進みください!

イトウ

hrm(ハラモ)

まいける

イェニー

じぇにふぁー