はらもじゃぱん

Hot Room Media to the peple -From Nonsense To Valuable- 人々にホットルームメディアを-無意味なことから意味のあることへ-

イトウ流英語勉強法をまとめてみた

time 2015/06/03

Web

どうもイトウです。僕は数年前にオーストラリアで2年間生活していました。オーストラリアに着いた頃は全く英語ができませんでしたが、最終的には外国人の友達ができ、現地の人と英語で仕事をしていました。

今回は僕が実際にやった英語勉強法の中でも本当にオススメの方法だけを書いています。「日本人が本気で英語を身に付けるためにはどうすれば良いのか?」ということを本気で伝えたいと思います。

英語力より度胸

英語を勉強しないと話せないのは当然なんですが、それよりも大事なのが度胸です。英語で自分の言いたいことを話すというのは「文法間違ってたらどうしよう?」とか「発音がおかしかったらどうしよう?」という恥ずかしさに負けてなかなかできないという人が多いです。
英語で話すときは声がでかくないとなかなか伝わらないので、恥ずかしがってゴニョゴニョ話すと余計に伝わりません。
僕がいた語学学校には英語はほとんど分からないけど、なぜか友達も多くコミュニケーションができてる人がいました。その人を見てるとやっぱり自信を持って話してるんですよね。もちろん文法もめちゃくちゃで語彙も少ない。でも恥ずかしがらずにどんどん話す。すると自然に色んな人が言葉一つ一つを丁寧に拾って理解しようとしてくれるんですよね。

ネイティヴじゃない人と話す

これかなりオススメです。いきなりネイティヴ相手でやっても良いんですが、相手がノンネイティヴとの会話に慣れてない場合、かなり難しい表現を使ってくることもあってなかなか理解できなくて辛いです。
まずは自分と同じか少し上のレベルの外国人と英語で話せば、お互い知ってる語彙だったり比較的簡単な表現ばかりで理解しやすいはずです。実際僕はそうでした。アジア系だったら同じような表現を使ったり、考え方が似てるので話も共感しやすいものが多いです。
新しい表現を覚えたらその人相手にどんどん使うのも楽しいです。楽しいから便利な表現を見つけたときにすごく嬉しい。

とにかく真似をする

これも個人的にすごくオススメです。僕は自分のクラスのイケメンアメリカ人の先生の話し方がかなり好きで真似しまくってました。好きだから発音やボディランゲージ、呼吸、口癖まで完コピ。そのおかげで発音はどんどん良くなりました。
自分の師匠となる人を探してみましょう。そして徹底的に真似てみましょう。

好みの異性と話す

これはめちゃくちゃ大事です!「あの人/子と話したい!だから英語を覚える!」という強烈な気持ちが飛躍的な成長を手助けします。まるでドーピング。
それにその人/子と話す前にどんな会話をしようか考えるのも楽しく、それが良いシミュレーションになります。その準備がスムーズな会話の練習になります。
そして実際に伝わるとさらに楽しくなりますから、もっと英語を覚えたくなります。

分かりやすい話し方を心がける

日本語で話してるときはあまり意識しないですが、長い文やあれこれ説明を付け加えてなかなか結論に辿り着かない話し方は英語では理解しづらいですし、自分が話すときもめちゃくちゃ苦労します。頑張ってあれこれ詰め込んだ文章を頭の中で作り上げて、それをそのまま言ってもほとんど伝わりません。
それよりも相手に確実に伝わるように一文を細かくいくつもの文章に分けて作って、さらに相手の理解しやすい順序で端折らずに話す。

ボディランゲージを使う

ボディランゲージはあなたが考えてる以上に重要です。耳よりも目からの情報の方が伝わる情報が多いですし、相手が勘違いしづらいです。なんだったら絵を書くという方法もあります。
とにかく伝わるように最大限努力する。これによって相手にこちらの「伝えたい!」という気持ちがよく伝わるので好感が持たれやすいです。さらに相手に興味を持ってもらえて質問をされやすいです。つまり会話が発展しやすいということ。

相手の話をちゃんと聞く

初めのうちは「どう伝えたらいいのか?」ということばかりに意識が向いてしまいます。でも会話をする上でもっと大事なのは「会話を楽しむ」ということです。そのためには相手の話をしっかりと理解し、リアクションをし、何かしらの返事をしなければなりません。
その第一歩としてまず相手の言ってることが分からないときは、必ず聞き返してください。聞き返してもやっぱり分からないときは、紙に書いて「それってこういう意味?」とか、ボディランゲージで「これはこういうこと?」など言葉以外のものを使って受け取る情報を増やすのがオススメです。こっちの方が絶対理解しやすいという方法を見つけたら徹底的にそれを使い倒して理解していきましょう。
ちなみに僕はボディランゲージを極めましたw話すときも聞くときも大げさと言われるくらいやっていましたよ。

分からないときはちゃんと分からないと言う

それでもやっぱり自分のレベルが低くて理解できないことがあります。そんなときは正直に「分からない。理解してない。」と言いましょう。「分からない」と言うのが恥ずかしくて適当に返事した結果、相手が「え?どういうこと?」という顔をしたり、マクドナルドで頼んだつもりがないサイドメニューを大量に買うことになります。
「分からない」と言えないと相手はあなたの英語力を把握できないので話しづらいです。相手に自分のレベルを教えるつもりではっきり分からないと言えば、相手も馬鹿じゃないので簡単な言い方に変えてくれます。次回からも簡単な言い方になってるはずなので自分にとって良いことなのです。

帰国子女のブログ・動画でネイティヴの表現を覚える

ある程度基本的な英語ができるようになっても理解できない表現があります。そういうのは会話の中に自然に出てくるので、それを知らないだけでかなり理解しづらくなります。
実はそんな難しいことは言ってないんですが、知ってるのと知らないのとでは全然理解度が違うので是非知っておいた方がいいですし、自分が話すときに使えると自信を持てますよ。
そんな表現を学ぶのにぴったりなのが帰国子女の方のブログを読む・動画を見ることです。たくさんの英語表現を日本人に分かりやすく解説してくれているので頭に入りやすいです。
「日本語でいうところの〜」という解説があると「あの人はあのときそういう意味で言ってたのかー」とか「こういう気持ちのときに使ったらいいのかー」という風に変な勘違いをせずに使いこなせるようになるのでオススメです。
ちなみに僕がオススメするブログ・動画はこちら。
1. 【英会話ワンポイントレッスン】

20150604002145

http://allankenglish.blogspot.jpこちらはアランさんという方が運営されている英語ブログです。現在は事情により更新が止まっておりますが、日本人的感覚で英語の表現を超わかりやすく紹介してくれます。さらにちょっとしたギャグもユーモアがあって最高ですw
2. バイリンガール英会話 Chika’s English Lessons
20150604002103
https://www.youtube.com/user/cyoshida1231
こちらはもうかなり有名ですよね。僕が最初に見たのは動画でRとLの発音を教えてるものでした。すごくわかりやすいです。これだけでも是非見てもらいたい。
www.youtube.com

最後にまとめ

イトウ流英語勉強法はいかがでしたでしょうか?英語が全く話せなかった僕が実際に英語を話せるようになるために編み出した我流勉強法です。
毎日これをそのままやってもらえれば誰でも話せるようになります。外国人の友達だったり現地の人のパーティーに参加することだって可能です。
あとはあなたの努力次第。是非参考にしてもらえればと思います。

この記事を書いてるときにバイリンガールさんのブログを読んだのですが、最近本を出したみたいです。興味あれば是非。

YouTubeとマンガでso much fun! バイリンガール英会話

YouTubeとマンガでso much fun! バイリンガール英会話

ネイティブ英語なんて必要ない! フレーズばかり暗記しても、あなたが英語を話せないワケ

ネイティブ英語なんて必要ない! フレーズばかり暗記しても、あなたが英語を話せないワケ

[イトウおすすめ記事]

www.hrm-japan.net

www.hrm-japan.net

www.hrm-japan.net

www.hrm-japan.net

www.hrm-japan.net

www.hrm-japan.net

www.hrm-japan.net

[はらもじゃぱん公式ツイッター・Facebookページ]

Web

はらもじゃぱん(hrm Japan) (@hrm_japan) | Twitter

はらもじゃぱん – hrm | Facebook