はらもじゃぱん

Hot Room Media to the peple -From Nonsense To Valuable- 人々にホットルームメディアを-無意味なことから意味のあることへ-

編集長日記:イトウケイイチの結婚式に行ってきた。

time 2015/04/12

超綺麗な海、超綺麗なホテル、超綺麗な式場

ちゃお。編集長のまいけるだよ。

既に記事にもなっておりますが、

安くても満足のいく結婚式をする方法をまとめてみた – はらもじゃぱん

イトウケイイチの結婚式に行ってきたよ。

www.hrm-japan.net

場所はこちら。

沖縄の結婚式会場ですねえ。素晴らしい式場でしたよ。

www.southernbeach-okinawa.com

外観はこんな感じですね。

20150412030053

サザンビーチホテル&リゾートホームページより>

中はリゾート感あふれる造りでした。ぼやけまくりですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20150412043653

着替えたら、式場に移動します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

式場はこちらですね。ガラス張りでかなり綺麗です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

集合写真。はいチーズ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どきどきと待つこと10分。

さあ入って参りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あらお綺麗。

素敵な笑顔の花嫁様と、紳士なイトウケイイチ。そして、素敵なご両親。
素晴らしい結婚式でございました。

20150318010619

残念ながら、片言でしゃべるうさんくさい神父さんではなく、沖縄っぽい雰囲気の日本人神父さんでした。

お部屋もいい感じ。本来二人部屋のところを、4人で予約とったら、

激安でございました。

20150318010601

予約は楽天トラベルがオススメです。

travel.rakuten.co.jp

60日前に予約をすれば、かなり安くなります。

シーズンによってバラツキは多少ありますが、4人部屋朝食付きで、

なんと一人5000円くらいで泊まれちゃいます。

少なくとも5000円で泊まれるクオリティのホテルではないので、かなりおすすめです。

 片岡まこと氏はなぜエキストラベッドを好むのか

ホテルのお部屋でございますが、ベッド3つにエキストラベッド1つという構成でした。

片岡まこと氏は、エキストラベッドを好んで選ぶという、変わった趣向の持ち主でした。

片岡まこと氏って誰だよってことですが、丁度いいのでご紹介しましょう。

当メディア、はらもじゃぱんには日曜企画、深夜枠のまかない飯テロ企画等々でおなじみの、専属アクターはらもとまさし(hrm)がおりますね。

www.hrm-japan.net

ええ。先日犯罪的な格好を晒してしまい、非常に物議を醸したあのお方です。一体何をやってるんだと。あれを見せられる側にも、見ない権限があるだろうと。それを閲覧注意もつけずに、公共のネットワークに乗せやがってと。多方面からお叱りの言葉を頂戴しました。

でも何も裸になったわけじゃない。いつもとは違ったはらもとまさしを見て頂きたいという、編集長としての並々ならぬサービス精神で、色気のある格好をして頰を蒸気させてめかしこむ妖艶な彼を、皆さまに粛々とご提供させて頂くのが編集長の務めだと思ったのです。そう。粛々とね。

え?気持ち悪いって?

はい。話が逸れました。そんな魅力的な専属アクターが存在する当はらもじゃぱん。

で、実は専属ではないが、外注アクターというものが存在致します。

その名も、片岡まこと。通称NYK。
通称は、卵かけご飯TKGと同じノリですね。

え?片岡まことだとNYKにならないじゃないかって?ニューヨークキッチン?いやいや、そんなお洒落なもんではございません。残念ながら、至ってどこにでも転がってる面白くもなんともないものです。NYKは実は本名。

そう、まことは本名ではない。彼の芸名だ。

そもそもなぜ彼は、名前がまことなのか。

理由は簡単です。「まことっぽいから。顔が。」

すごい理由ですね。顔がまことっぽい。パッと聞き意味不明。
でも、彼に会えば納得です。彼の顔からは、まことという名前しか出てこない。

その変哲のないようでいて、じっくり眺めていると少しイラっ☆とくるポップな顔立ちと、なぜか湧いてしまう妙な親近感、そして、“こいつはきっと甘やかされて育った偏食家に違いない”と想像を掻き立てられる不健康そうな雰囲気。人生の絶頂期は幼稚園のとき。玉のように可愛かったあの日の少年は、その後は劣化の一途を辿り、今では隠れメタボ化が進行し、腹回りはファーストフードで汚染された不健康で実に不自然な贅肉のつき方。そんな彼を総称し、イトウケイイチは呼びました。「まこと」と。

そう、一見するとポップだけど、よく見るとところどころおかしいということ。

※全国のまことさん、あなたを誹謗中傷してるわけではありません。たまたまそういう視点と彼が妙なマッチングを見せただけのことです。

少なくとも、本来の彼の本名NYKとは、似ても似つかない顔。
あるサークルの日、イトウケイイチは新入サークル員のリストを作成していました。

あいつの名前なんだっけ?なんか印象が薄いなぁ。とりあえず「まこと」ってことにしとこう。ま こ と っと。(書き書き)よしOK!

何がOKなのかいまいちわかりませんが、これがイトウケイイチなのです。

大学時代、まこと氏とは同じサークルで活動をさせて頂きましたが、hrmの次にまことの名前は後輩達への定着度が非常に高かったでと思います。

NYKとは、要するに、印象が薄いほうの本名です。NYK。かっこええやん。

さて、NYKのつまらん紹介はどっかに捨てておきまして、話は冒頭に戻りましょう。

彼は誰にも指示されることなく、エキストラベッドを好んで使おうとしました。普通、エキストラベッドってさ、ジャンケンで負けた人が割り当てられる、罰ゲームポストですよね。

一体何故なのか。彼に僕は尋ねました。
すると、彼からは「僕の心の師は、秋山好古。そんなこと当たり前のオタンコナスさ。ハハハ。」

この一言で全てを悟らせようとするまこと氏。謎の言葉の語尾“オタンコナス”にハマり中の彼。オタンコナス、オタンコナス。あー、オタンコナス。
ってか、誰だよ秋山好古って思われますよね。

そう思ったあなたは、高校生のときに世界史の教科書を真面目に読まなかった人ですね!
まこと氏は実にストイックな男です。彼のストイックさを語る上で、この人物を引き合いに出してきたのは驚かされました。

説明しよう!

彼は大日本帝国陸軍において、日本騎兵の父と呼ばれた陸軍大将、秋山好古を心の師としているのです。あの日露戦争において、当時脅威を誇っていたロシア帝国のバルチック艦隊に勝利した秋山真之のお兄さんです。

秋山好古は大変にストイックな方で、贅沢を嫌い、大変質素に生活されていたそうです。

20150412013929
<秋山好古Wikipediaより>

秋山好古 – Wikipedia

秋山真之 – Wikipedia

片岡まことは、彼の教えに大変感銘を受けたそうで、ストイックに以下の秋山ルールを自分に課しているとのこと。

①寝るのはたたみ一枚分のスペースがあれば事足りる。有事にすぐに対応できるように座って寝る。

茶碗一つだけあれば事足りる。茶碗一つを使いまわして全ての食事をとる。

③ピーマンなどの野菜を包丁を使わずに手でちぎって調理する。

③のルールのどこが秋山好古なのかわかりませんが、とにかく片岡まことはストイックです。

①のルールには、ある言い伝えがあります。
学生時代の彼の下宿先は、学校からかなり近い距離にあり、我々と同じサークルに入ってからは、まこと氏の下宿先はサークルの基地と化していました。

特に、その中でも常にhrm氏が常駐し、まこと氏のベッドを占拠するという事態に。

屁をその場中にこき散らし、食後はげっぷを吐き散らし、トイレに臭いクソを撒き散らす。寝ているときは、ムンクの叫びを彷彿とさせる凄まじいイビキ。
hrm氏による環境汚染っぷりはすさまじく、まこと氏の住環境は悪化の一途を辿りました。
挙げ句の果ては、後輩が家に常駐し、唐突に「まこっさん。飯。」と言われ、しぶしぶ白米を出すと、「味噌汁は?」と言われる始末。
週末の金曜日は、サークルの仲間が全員家にやってきて、カップ焼きそば、おにぎり二つ、そしてオレンジジュース、というとんでもない量の夜食を食べ散らかして帰っていく。

こんなひどい状況でしたが、彼は思ったそうです。「これは自分を鍛え上げるいいチャンスなのかもしれない。今まで俺は甘やかされて育ってきた。この自分が置かれた厳しい状況は、それに対する神から与えられた試練なのだ。」と。

戦国時代の侍、山中鹿之介はこう言ったそうです。

「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ。」と。

山中幸盛 – Wikipedia

彼も山中鹿之介にあやかって、自分を鍛え上げるに過酷な環境に積極的に身を置きにいったのかもしれません。

過酷な環境で寝る習慣がついたことで、畳一枚分のスペースで寝る癖がついたと、彼は手記“まことの憂鬱”で語っています。

そして、この日記の主人公であるはずの心優しいイトウケイイチは、いつも寒い廊下で寝ていました。

贅沢を嫌う彼の主食は、なぜか某マクドナルド。
その某マクドナルドにおいても、彼には行動パターンがあります。

他のものには目もくれず、

「マックポーク3つ」

と注文します。そして、注文に付け加えます。

「水ください」

そう。マックポーク3つで300円+消費税だけを払い、水はタダ飲み。あとは何も頼まない。彼は贅沢を嫌う侍と言えるでしょう。

まさに彼はジャパニーズ・ソー・クール。Japanes so cool!

彼のストイックさが、エキストラベッドを選ばせたのかもしれません。
素晴らしい片岡まこと。

それでは、お待たせしました。そのご尊顔をご覧ください。もちろん許可は頂いております。

20150412034135

編集長まいけるが初めてPhotoshopを使って3分で編集しました!

大空に佇むまこと氏。かっこいい!

ん?綺麗な花嫁写真乗せた記事を汚すなって?これはすいません。

素敵な披露宴パーティー

さて、片岡まこと氏の説明が長くなりすぎましたが、結婚式の話に戻りましょう。

この式場では、海岸での写真撮影もしてくれるようですよ!

20150320210925

素敵な雰囲気ですね〜

お似合い過ぎだね。

20150412043539

20150320210414

記念にhrmさんも、荒ぶる鷹のポーズで写真撮影です。

綺麗な海ですね〜

披露宴パーティーは、家族親族メインのささやかなパーティー。
こちらは私の嫁からのプレゼントです。仕事お待ちしてます(真顔)

20150412050458

さて、披露宴パーティーですが、

何の進行予定も考えていなかったイトウケイイチがはらもとまさしに全てを丸投げし、一時はどうなるかと思いました。
結婚式を計画しておきながら、披露宴パーティーの進行を全く計画せずその場のノリでやり切れると考えていたイトウケイイチ。彼は狂人です。
これまた奥様はニコニコしてるだけなんだ。本当に素敵な笑顔で。どうなってんだこの夫婦。最高だぜ。

しかし、ここは笑い袋の異名をとる関西のガンジーこと、はらもとまさし。

イトウケイイチの両親を巻き込んで、現場での進行打ち合わせを瞬時に行い、あっという間に進行スケジュールを作成し、すぐさまパーティーを盛り上げてしまいました。

すげえよ、はらもとまさし。

その後、イトウケイイチの弟さんからのサプライズビデオメッセージでは、蝶ネクタイにサングラスをかけた弟さんが出てきて、アムロレイの声風に自分語りをするし、親戚のお姉さんのビデオメッセージでは、ケイイチとの思い出を紙芝居にした朗読が始まるなど、とても楽しいものでした。

何かわからないけど、沖縄に行く前から不穏な空気を感じてた僕は、念のためギターを持参。特に余興をしてくれとの依頼もなかったわけでありますが、“恐らくケイイチのことだ、何も考えてないだろう”と半ば冗談半分に考えていたら、

本当に何も考えていませんでした。

唯一依頼をしてあったhrmさんの友達代表挨拶で、その日に仕込んだ卒業式風の挨拶を皆で行い、その後、持参したギターで一曲弾いて歌うことに。

色々シュミレーションをしていた中で、なぜかしっくりきた長渕剛「乾杯」を歌います。
打ち合わせはしていなかったけど、まこと氏も一緒に歌ってくれました。彼はいい先輩です。

この「乾杯」ですが、特に僕らにもイトウケイイチにも縁もゆかりもない曲です。歌ったこともありません。しかし、なぜか選曲時にすっと出てきて、一番しっくり来た曲。

それがなぜなのか、式場で判明しました。

ケイイチのおじさんも「乾杯」を歌う予定だった模様。それも何故かアカペラで。
奇跡のカブり芸を披露してしまった僕。そのため、自分が歌ったあと、ケイイチのおじさんの歌の伴奏をして、おじさんが再度乾杯を歌うというカオスな結果になりました。

ノリに乗った親戚の方々。次々前に出てきて、アカペラで大熱唱大会に。
こんな自由な披露宴パーティーがあったのですね。素晴らしい。

例のケイイチのおじさん(アカペラおじさん)から大層気に入られた我々は、ガツガツと来るアルコール攻撃を逃れられず、片岡まこと氏はバルチック艦隊のごとく撃沈したのでありました。

最後ようやくみんなの前に出てきたケイイチ。

20150412043828

無事披露宴も終了!

夜久々にホテルの一室に集まって、今後の真面目な話をしていましたが、片岡まこと氏はトイレでお吐きになられるために休憩で度々不在、そして途中でケイイチの奥様が話をぶった切って部屋に連れ帰るなど、新婚夫婦の熱々ぶりを見せられた素敵な夜でした。

そんなこんなで、とにかく素晴らしい結婚式でした。

本当に素晴らしかった。。。

本当に。。。

しかし、沖縄に行くまでがマジで大変でした。

僕は、はらもとまさし片岡まことのお供をさせて頂いていたのですが、お金を節約するために格安航空である某ジェットスター航空を僕たちは予約していました。

4時頃に石川県を車で出た僕は、滋賀県でまこと氏を拾い、その後大阪ではらもとまさし氏を拾い、関西国際空港へ。関西国際空港へは余裕を持って8時過ぎには到着。僕ら優雅にモーニングでも食べようということで、朝マックをして、コーヒーブレイク。

9時15分頃、そろそろ9時半になるから行こうと席を立ちました。

これがその時の搭乗券です。よくご覧ください。

20150412022352

もっと良くご覧ください。

20150412022535

30分前までに搭乗ゲートにお越しくださいとあります。
良いですか?

搭乗ゲートです。

保安場ではありません。

そうです。僕たちの中では搭乗ゲートと、保安場の区別などついてませんでした。

保安場についても気づかない僕たち。なんだか保安場の人は焦ってますが、僕たちは気づきません。何やら急いでくれと言っているようです。
そんなバカな。余裕たっぷりに来たはずなんだ。大丈夫大丈夫。

しかし、ここでアクシデントが発生します。

はらもとまさしが金属センサーに引っかかり、出てこない。

何をやらかしたか知りませんが、はらもとまさしが何度ゲートをくぐっても、ぴーぴーなり、一向に出てきません。ベルトを外し、上着のポケットをまさぐり何もないこと確認し、ゲートをくぐるもダメ。
靴を脱ぎ、靴下を脱ぎ再挑戦。でもダメ。
しまいには、保安場の係りの人が丸い探知機を持ってはらもとまさしの身体をくまなく調べ出しました。
どうやら顔面が凶器と判定されていた模様。コラ!保安場!失礼だ!

過ぎていく時間。保安場通るのにこんなに時間かかる人初めて見ました。

まこと氏は「先に搭乗口行ってくるわ」と向かいました。

まだ出てこないはらもとまさし。

すると、「まいける〜〜〜〜!!!」

と叫び声が。すごいスピードでまことがこちらへ走ってくるではありませんか。
人の名前を公衆の面前で叫びおってからに・・・と思っていますと、狼狽した青い顔でまことが言い放ちました。

「もう、飛行機行ってしまったらしい」

ん?何だって?そんなことあるか。15分前に僕たちはゲートをくぐったんだぞ。その時点でOKだろ。飛行機も待ってくれるはずだぞ。

とにかく、急いで搭乗口に行かなければ。そこでようやくはらもとまさしが保安場から登場。

僕たちは走ります。

ところが、この搭乗口がとにかく遠い。

走って走って搭乗口に到着。搭乗口には、某ジェットスターの係員が一人。
いやーな予感。

「時間に遅れましたので、飛行機の搭乗口に向かうバスはもう発車しました。」

な、何だってえええええ!!!??

遅れてないだろ!と言おうと話を聞いてみると、要するにあれですわ。

保安場を通って、搭乗口に30分前に到着してないと、どんなに頼んでもダメなんだと。
つまり、保安場に15分前についた僕たちは、既に詰んでいた上に、はらもとまさしのアクシデントで完全に終了したと。こういうわけです。

戦意喪失でこの世の終わりのような顔をして泣き落としに入る片岡まこと氏。頭を抱えるはらもとまさし氏。冷たい顔で事務的に対応する係員。そして、それを冷静に眺める僕。
その時のまこっさんの顔が面白いと思ってしまった僕は、大馬鹿野郎かもしれません。

ケイイチさんの結婚式に出ずに、関西空港から帰路についてる瞬間を想像しましたが、そんなわけにいかん。すぐさまiPhoneを出して、他の便を調べます。

で、ありました。10時半発のANA大先生の便が!着は12時55分。これならば、2時の式にも間に合います。

搭乗口にいた某ジェットスターの係員のお姉さんに、「もう二度とおまえのところでは乗ってやらねぇ」と心の中で呟き(逆恨み)、僕たちは当日券のANA大先生のチケットを買うために再度発券口へと戻ったのでありました。

タッチパネルに時間と行き先、人数をぽちぽちと入力し、空席照会します。よし!空いてる!すぐ買おうと発券手続きに入り、そこに映し出された金額にびっくり。

¥115,200

一人頭なんと約¥35,000

僕たちに選択の余地はありません。現金もそんなにない僕たちは、とりあえず僕のカードでクレジット決済をして、クソ高い当日券を購入するに至ったのでした。

その後のANA大先生の諸所の対応が、余りにも神過ぎたのは言うまでもありません。

結論:空港代はケチらないでおきましょう。

そんなこんなで、やっとの思いで沖縄についた僕たち。これだけ苦労したので、結婚式は言うまでもなく楽しいものでした。

結婚式が終わって満足げなまこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 あ、はらもさん。いつでもいいから、金返してください。

 

沖縄旅行

次の日はプチ観光旅行をしました。

首里城前にて集合写真を撮り、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安定のかっこいハラモ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中に入って閲覧。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どっかの庭で佇むハラモ。現地人より馴染んでますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

彼がさみしそうに見えるのは、これを見たからでしょうか。(閲覧注意)

20150412044004

お昼はソーキそばを食べました。

20150412044117

これは沖縄風炊き込み御飯の「ジューシー」というものです。

20150412044157

店がどこか完全に失念しました。とっても美味しい沖縄そばでしたよ!

色々ハプニングありましたが、楽しい沖縄旅行となりました。

尚、帰り道の高速で大雪にふられ、大変な目に逢ったのは、運が悪かったとしか言えません。フロントがバキバキに凍りついて、途中でワイパーも凍って動かなくなり、恐怖を覚えました。それがこちら。

20150412044803

青い海の暑い沖縄からのこれですからね。びっくりです。

何とか帰ってこられました!

まとめ

最後に、本当にお二人おめでとうございます。幸せになってくださいね。沖縄に呼んでくれたおかげで、本当に楽しい沖縄旅行になりましたありがとう!

お二人の素晴らしい写真をアップして終わりにしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

編集長まいけるのちょっと長めの日記でした。

——————————————————

twitter.com

www.facebook.com

はらもじゃぱんとは。

www.hrm-japan.net

www.hrm-japan.net

ケイイチ以外のメンバーはこちら。

www.hrm-japan.net

www.hrm-japan.net

ケイイチの奥様の書いた記事はこちら。

www.hrm-japan.net