はらもじゃぱん

Hot Room Media to the peple -From Nonsense To Valuable- 人々にホットルームメディアを-無意味なことから意味のあることへ-

安心感が半端ない!Anker Astro E4を3ヶ月使ってみた感想

time 2015/03/13

どうもイトウケイイチです。

もう3月。信じられない。夢でも見ているのか。もうあなたしか信じられない。

そう、Anker Astro E4。あなただけだ。

君は知っているか!?モバイルバッテリーという存在を!

 

 

PowerIQ:スマートな急速充電
Anker独自技術PowerIQ™ テクノロジーによって、各USBポートは接続された機器を自動的に検知し、機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能です(最大3A)。

大容量で扱いやすいデザイン
■13000mAhの大容量により、ほとんどのスマートフォンやタブレットを数回充電できます。
– iPhone 5s: 6回
– iPad Air: 1回
– iPad mini: 1.5回
– Galaxy S5: 3.5回
– Galaxy Note 3: 約3回
– Nexus 7: 2.5回

■便利な機能
– ボタンを一回:バッテリー残量を確認できます。
– ボタンを長押:LEDフラッシュライトを使用できます。

製品の仕様
[容量] 13000mAh
[入力] 5V / 2A
[出力] 5V / 3A x 2 (合計最大3A)
[出力ポート数] USB x 2 (PowerIQ搭載)
[サイズ] 15.0 x 6.2 x 2.2cm
[重さ] 296g

最適なご使用のために
• 充電は、Micro USBケーブルまたはライトニングケーブル(Anker® ライトニングケーブル等)を接続すれば、自動的に開始されます。
•ほとんどのAndroid機器、Apple機器、その他のUSB機器との互換性があります。ただし、iPod nano、iPod Classic、Asus タブレット(Nexus 7を除く)、LG G2および、いくつかのGPS機器、Bluetooth機器には対応しておりません。

 
モバイルバッテリーとはスマートフォン、タブレットなどの充電ができる予備バッテリーのことだ。
誰でもiPhoneが外出中に電池が切れてしまったことがあると思う。
友達との連絡や仕事の作業などiPhoneを使いまくっていると、あっという間にバッテリーは無くなってしまう。
だからといってどこでも充電できるわけでもないし、充電したいがために充電器を刺せるカフェに行くのもちょっと気が引ける。
そこでモバイルバッテリーだ。
これをカバンに入れておいて、iPhoneのバッテリーが10%を切ったくらいにLightningコネクタを指してスイッチオン。
安心してiPhoneを使い続けられる。

特にこのAnker社製のAstro E4は僕のiPhone5Sなら6回フル充電できるという、モバイルバッテリー界の中でもトップレベルの容量。

iPad Air 2もフル充電可能らしい。最強じゃん。。。

Anker Astro E4を実際に3ヶ月使ってみてどうだったか?

結論から言うと、大満足!!
3年前に使っていたモバイルバッテリーは、iPhone4Sを1回フル充電できる程度の容量で、Anker Astro E4のように電池が100%まで充電されると自動的に止まるなんて気の利いたことはしてくれなかった。
ボタン式で一々僕が今どれくらい充電されたか確認して止めないといけなかった。しかも1回しか充電できないので、“30%くらいではもったいなくて充電できない”という、人間側が機械に気を遣う必要があるという考えられない仕様だった。しかも充電が遅い。。。

それが今では全く気にする必要もなくなり、ノリで充電しても勝手に止まってくれるし、平日5日間モバイルバッテリー自体の充電を必要としない
Anker独自技術のPowerIQ™ テクノロジーによって、各USBポートは接続された機器を自動的に検知し、機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行うので、とにかく充電が速い。
とりあえずカバンに突っ込んでおく。そして、金曜日の夜の寝る前に充電しておくというのが僕のルーティーンになってきた。驚いたことに、金曜日の時点でも、まだ少し充電できる程度にはバッテリーが残っている。

これで3000円台はお買い得すぎる。買う前はもっと高いと思っていたので、正直「こんな安いの?」と驚いた。

20150313224817

初めて手に取ったときに一つだけ気になったことがあった。それは想像していたよりも大きく重かったということだ。
3年前に使っていたモバイルバッテリーは容量が小さめで、名刺入れみたいな手のひらサイズで、その代わりすごく軽かった記憶がある。
でもAnker Astro E4はずっしりとしていて、サイズも手のひらに収まるとは言えない。
分かりやすい例えを言うと、500mlペットボトルみたいなサイズと重さなのだ。
実際の重さを確認してみると296g。うーん、なるほど。
充電回数を取るか、軽さを取るかということか。

スマホ持ってるならとにかく買え!と言いたいところだが。。。

実はこの商品以外にも素晴らしいものがある。
それが、こちらcheero Power Plus 3。

 

 

[内蔵バッテリー/容量] Panasonic製リチウムイオンバッテリー/13400mAh 3.6V (48.24Wh)
[本体サイズ/重量] 92 × 80 × 23 mm/245 g
[本体充電時間/使用回数] 約 8 時間(2A USBアダプター使用時)/約500回
[入力/出力] DC 5V 2A/出力1:DC 5V 1A 出力2:DC 5V 2.4A(合計3.4A)
[付属品] 本体充電用USB-MicroUSBケーブル、取扱説明書、保証書(半年保証)

こちらは、Ankerと肩を並べるほどの人気モバイルバッテリーの最新版。Anker製品よりも若干容量が大きい。なのに価格はAnkerより少し安いし、245gとAnkerの296gより若干軽い。。。

まあ別に良いんだ。Ankerはデザイン性では僕の好みに近いし、性能は十二分に良い。

まとめ

どちらの製品も充電ポートが二つあり、iPhone、iPad両方の電圧に対応しています。
あとは価格も容量ほとんど同じなので、デザインで選んだら良いと思う。

モバイルバッテリーは色々あるけど、これだけの大容量だと、家のコンセントに繋がれているような安心感がある。軽さを追求というよりは、容量重視の方にオススメしたいバッテリーだ。本当、満足してます。

僕はデザインがかっこいいし、色も黒を気に入ってるからAnker派。あなたはどっちを買う?